音楽教室の疑問や質問に講師歴20年以上の講師がお答えします

楽譜をスラスラ読めるようになるピアノレッスン

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かわいい生徒さんとピアノに向き合い、ピアノ講師歴20年以上が経ちました。 2002年にミュージックサロン音あそび教室を設立し代表講師として たくさんの経験をさせていただきましたので、その経験を生かし皆様のお役に立てる音楽情報をお伝え出来ればと思っております。 気軽に来ていただける音楽教室を目指し、NPO 活動に力を入れて行きたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

楽譜をスラスラ読めるようにしてほしい(譜読み力)

新年度を迎える前に、保護者様からのレッスンの要望をお聞きするアンケートによくあがるのが

【楽譜を読めるようになってほしい】

ピアノ教室に通っているのですから当然楽譜が読め、気持ちよくピアノが弾けるようになると皆様思われるでしょう。

ところが譜読みは語学の習得とよく似ておりまして、日常に使っているからこそスラスラ楽譜を読むことが出来ます。

88鍵盤で弾く音の組み合わせは多く、リズム、和音を含めると無限の旋律ができます。

 

まず音符の名前を把握していただいております。

 

年齢が小学生様にはゲーム感覚で音を覚えていただく事もございます。

幼稚園児様には昔からある

フラッシュカードも有効的ですね。

 

次に音符の種類(長さ)を把握していただいております

音符の種類は、色、棒、点、などを見て長さを覚えていただきます。

  • 4分音符を一拍に数える4/4 , 3/4, 2/4, 5/4など
  • 8分音符を一拍に数える3/8, 6/8, 12/8など

基本的にはこちらをしっかり分けて覚え、応用に対応ができるように割り算力を鍛えるだけです。

 

ピアノの一番魅力は、楽譜上の音符を空気に載せる変えることであり、日常にないことをしているという認識を持っていただきたいと思います。

楽譜がスラスラ読めるようになることは、毎日少しずつの努力が必要となります。

ほんの少しの時間を積み重ねてみましょう。

きっとピアノ以外にもお役に立つ自信と希望が持てます。

 

独身満喫中の女性、男性

子育て中のママ、パパ

リタイア後のエンジョイ女性、男性

シニアエンジョイ女性、男性

 

様々な世代の方がピアノ教室に通われております。

ミュージックサロン音あそび教室

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
かわいい生徒さんとピアノに向き合い、ピアノ講師歴20年以上が経ちました。 2002年にミュージックサロン音あそび教室を設立し代表講師として たくさんの経験をさせていただきましたので、その経験を生かし皆様のお役に立てる音楽情報をお伝え出来ればと思っております。 気軽に来ていただける音楽教室を目指し、NPO 活動に力を入れて行きたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 音あそび教室Q&A , 2019 All Rights Reserved.