音楽教室の疑問や質問に講師歴20年以上の講師がお答えします

ピアノ教室の右脳・左脳教育

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かわいい生徒さんとピアノに向き合い、ピアノ講師歴20年以上が経ちました。 2002年にミュージックサロン音あそび教室を設立し代表講師として たくさんの経験をさせていただきましたので、その経験を生かし皆様のお役に立てる音楽情報をお伝え出来ればと思っております。 気軽に来ていただける音楽教室を目指し、NPO 活動に力を入れて行きたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

楽器演奏をすることにより右脳が鍛えることが出来るとよく言われますね。

実は右脳はもちろん左脳にも良い影響がございます。

右脳はイメージ機能(直感、感覚、合成、図形的感覚)→ピアノ演奏

こちらはピアノの演奏の一環で、脳に刺激を与えています。

譜読みが終わり曲想を膨らませる際に、自らの感覚や体験で得たものを合成していくことにより右脳へのはたらきが増します。

ピアノを演奏することはもちらん、素敵な絵画を観る、素敵な空間で過ごす、

異空間に行ってみるなど様々な体験が右脳教育に役立つのです。

 

左脳はデジタル機能(数術、概念、分析、論理的)→ピアノの譜読み

 

ピアノを習われている皆様、ピアノの譜読み(楽譜を読むこと)をすることによりどんどん左脳も鍛えられていることにお気づきでしょうか?

実はピアノの楽譜には数学要素がたっぷり盛り込まれております。

楽譜はバロックの時代から論理的な法則でクラッシックを統一されており、

今も音楽の基本形を保っており、音楽全般の概念の基盤となっています。

※調のお勉強も決まった法則がございますので、別の機会にお話させていただきます。

 

脳科学の分野で、お子様から大人の脳に良い影響を与えるとピアノ演奏は推薦されております

ピアノは右手、左手

上達すれば右足、左足まで使うバランスのとれた万能楽器です。

小さなお子様には、バランスよく成長していただきたい事と

大人の方には、日常の効きを改めて見つめ直していただき、体の歪みの改善にお役立ていただきたいと思っております。

 

ミュージックサロン音あそび教室では、

音楽の知識と共に、算数、地図、言葉を学ぶグランドキッズリズミングコースが人気となっております。

就学前のお子様に右脳、左脳教育を音楽教室で受けていただけます。

就学に向けての準備にお役立てくださいませ。

ミュージックサロン音あそび教室

 

様々な楽器を使ったリトミックは

右脳、左脳教育に最適です。

この記事を書いている人 - WRITER -
かわいい生徒さんとピアノに向き合い、ピアノ講師歴20年以上が経ちました。 2002年にミュージックサロン音あそび教室を設立し代表講師として たくさんの経験をさせていただきましたので、その経験を生かし皆様のお役に立てる音楽情報をお伝え出来ればと思っております。 気軽に来ていただける音楽教室を目指し、NPO 活動に力を入れて行きたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 音あそび教室Q&A , 2019 All Rights Reserved.