音楽教室の疑問や質問に講師歴20年以上の講師がお答えします

ピアノが楽器の王様の理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かわいい生徒さんとピアノに向き合い、ピアノ講師歴20年以上が経ちました。 2002年にミュージックサロン音あそび教室を設立し代表講師として たくさんの経験をさせていただきましたので、その経験を生かし皆様のお役に立てる音楽情報をお伝え出来ればと思っております。 気軽に来ていただける音楽教室を目指し、NPO 活動に力を入れて行きたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

音楽を始める第一歩には、ピアノが最適です。

お子様の人生はじめての習い事にピアノ・大人の人生再生の習い事にピアノ

 

今回は音楽人生40年⁉︎の音妃が、ピアノは楽器の王様と言われる

由縁を様々な角度からお伝えしたいと思います。

ピアノは調律師による調整を行いますので、正しい音程で演奏が出来る唯一の楽器です

※調律師は、国家資格はなく大学、専門学校で調整技術、修理技術を身につけるピアノのドクターです。音色、タッチ感など細やかな技術が要求される為、責任感とやりがいのある素敵なお仕事です。

ピアノ以外の楽器は、音程を定めるために(チューニング)管楽器は唇の調整、弦楽器は調弦、また楽器本体の調整を身につける必要があり、ピアノの音を基準にしたりチューナを使い調整を行います。

 

音楽を始めるにあたり、

♩ピアノから正しい音程、音階を知ること

♩ピアノから幅広い音域に親しむこと

音楽演奏の幅を広げ、ピアノ以外の楽器にお役立ていただけます。

 

ピアノは同時に複数の音を鳴らすことができる万能楽器

ピアノ以外の管楽器は単音(一つの音)で演奏をすることができますが、

二音以上の音を同時に弾く(和音)ことはできません。

弦楽器は奏法により2音以上の音を弾く事も可能ですが、ピアノのように複数はならすことができません。

管楽器(フルート、トランペット、オーボエなど)

弦楽器(ヴァイオリン、チェロ、ギターなど)

声楽(自身が楽器)

ピアノは旋律と伴奏と同時に奏でることができますので、音楽の完成型を毎回楽しむことができます。

ミュージックサロン音あそび教室

 

ピアノを弾ける方は、複数の楽器にチャレンジしておいります

音妃もそいうですが、ピアノから始まった音楽ライフは

管楽器(オーボエ)、声楽、ヴァイオリン色々楽しんでおります。

この記事を書いている人 - WRITER -
かわいい生徒さんとピアノに向き合い、ピアノ講師歴20年以上が経ちました。 2002年にミュージックサロン音あそび教室を設立し代表講師として たくさんの経験をさせていただきましたので、その経験を生かし皆様のお役に立てる音楽情報をお伝え出来ればと思っております。 気軽に来ていただける音楽教室を目指し、NPO 活動に力を入れて行きたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 音あそび教室Q&A , 2019 All Rights Reserved.